戦争捕虜で人体実験?日本軍の「731部隊」

Pocket

生物兵器や化学兵器はあまりに非人道的すぎるため国際法で禁止されております。

そんな生物兵器ですが、第二次世界大戦の日本においても開発されておりました。

生物兵器を開発するにあたって重要なのが、開発中の兵器がいかに殺戮に適しているかです。それを確かめるために、最終的には人体実験する必要がございました。

ではその被験者となったのは?

第二次世界大戦の日本で生物兵器の研究開発を行っていた「満州第七三一部隊」においては

戦争捕虜を被験者にした

のではないかと言われているのです。当然被験者の命を効果的に奪えれば実験成功となるわけですね。

今回は生物兵器の研究開発を行っていた731部隊をご紹介したく存じます。

スポンサーリンク
レクタングル大

概要

731部隊の詳しい活動記録についてご紹介する前に、部隊の概要をご紹介いたします。

満州を拠点にする衛生部隊

731部隊は満州(現在の中国東北部)を拠点にしておりました。

満州は当時の日本にとっては重要な軍事的拠点でしたが、風土が異なるため様々な感染症のリスクに備える必要があったそうです。

(表向きの理由で)そこで設置されたのがこの陸軍731部隊。正式名称は「関東軍防疫給水部本部(かんとうぐん ぼうえききゅうすいぶ ほんぶ)」。その名の通り当時疫病対策を目的とした医務・浄水を代表するライフライン確保を目的とした部隊(731部隊の他にも中国やシンガポールに設置されました)。

731部隊は1935年からソ連が満州に侵攻してきた1945年まで活動していたとされております。

生物兵器・化学兵器の開発

731部隊は上記の通り衛生関係を主任務としておりましたが、同時に陸軍軍医学校と共同で生物兵器や化学兵器の研究開発を行っておりました(実はこっちがメインだとも言われております)。

生理学や手術の研究を行い、蘇生技術を向上させることもしばしばあったそうですが、多かったのは細菌学の研究。

つまり、特定の菌を人に感染させた場合、対象にはどのような症状が現われるか・どれぐらい耐えることができるかなどを研究したわけです。

活動

731部隊は1939年のノモンハン事件にて安全な水を運ぶなど衛生面でも実績をあげておりましたが、今回ご紹介するのは有名なのは生物兵器・化学兵器の開発。

第一次世界大戦を受けて1925年のジュネーヴ議定書で生物兵器や化学兵器の使用は禁止されましたが、第二次世界大戦当時、日本は当時批准しておりませんでした。

そこで当時の司令部は第二次世界大戦において効果的・効率的に殺戮できる化学兵器を使用しようと考えたわけです。

しかし、生物兵器や化学兵器の研究は日本本土で行うには日本国にとって危険すぎました。

そこで満州にて大規模な研究が行われたのではないかといわれております。一説によると日本のほとんどの大学の細菌学者たちはこの研究に関わっていたといいます。

実験材料「マルタ」

兵器の実験には欠かせない被験者でございますが、主に捕虜やスパイ容疑者として拘束された朝鮮人、中国人、モンゴル人、アメリカ人、ロシア人等が指定されたそうです。ただその中には一般市民、赤ん坊もいたそうなのです。

彼らのような被験者は「マルタ(丸太)」という隠語で呼ばれました。被験者には名前の代わりに3ケタの番号が割り当てられ、重い足かせを取り付けられるなどの非人道的な扱いがされたのです。

実験による犠牲者は妊婦や赤ん坊を含めて約3,000人にも上ったといいます。

ペスト菌の研究

731部隊は人体にペスト・コレラ・チフス・赤痢・梅毒・スピロヘータなどの様々な伝染病の生菌を注射し、経過の観察を記録してデータを取る実験を行いました。

その結果最も効果的に人を死に至らしめる菌は「ペスト菌」であると結論付けたのです。

このペスト菌の研究について、多くの書籍・手記が残されておりますので、一部…

すでに紫藍色を呈して冷たくなりかかった手が入口に出された。私は嬉しさと勝利感でいっぱいだった。

「班長は、どんなに結果を期待しているだろう」と言い表すことのできない興奮を抑えて、注射器を手に取った。

注射器はぷすりと鈍い音を立てて、肘静脈に刺された。赤黒い血液が注射器の中に吸い込まれていく。3cc~5㏄、彼の顔はしだいに蒼ざめ、もううめき声さえも聞こえない。喉がひーひーと虫の啼くような音を立てている。

耐え難い屈辱と憤りの眼は、まばたきもせず私は睨んでいる。

しかし、そんなことはどうでもよいのだ。だた10㏄の血液を採りさえすれば・・・、これがいわゆる研究に携わる者の悦びでありまた天職なのだ。

人の死の苦しみも私には何ら同情するに値しない。

手早く血液を処理し、再び監房の中を覗いてみた。彼は引きつった顔を時々ピクッピクッと痙攣させて、呼吸も次第に浅くなり、チェンストーク氏呼吸(死の前に起こる呼吸状態)に入った。

同じ運命にある同房者はたまらなくなったのか流れる水を汲んで、まさに逝かんとする同胞の口に注ぎ込んでいる。ああ、何という暴虐!

引用:2002, ハル・ゴールド著, 『証言・731部隊の真相―生体実験の全貌と戦後謀略の軌跡』278頁

上記は捕らえた戦争捕虜を実験体にした実験ではなく、感染症に図らずも感染してしまった同胞に対して実験をした者の記述です。

同胞にすらこのような感情なのですから、マルタに関してはもう家畜に対する感情以下だったのかもしれません。

生理学的実験

兵器開発の他にも様々な生理学的実験を行った731部隊。当然多くが現在では到底行えないような非人道的な実験ばかりです。

たとえば…

不眠・食事抜きで何日耐えられるか

731部隊の建物には中庭があり、マルタは時に3,4人で散歩することが認められるなどしたそうです。

しかし、ある日、土のうを背中にくくりつけられたマルタがその中庭の周りをぐるぐる走り回っていたそうです。

…そうこれも実験。そのマルタには寝ることはおろか、食事を摂ることも認められず、死ぬまで走り続けることが強要されたのです。

この実験の目的は「不眠・食事抜きで何日生き延びられるか」。彼が実験から解放されるのは彼が死んだときというわけです。

裸でマイナス40℃

ある日、2人の白系ロシア人の男性が零下40度から50度の冷凍室の中に素裸で入れられました。この時点でもうこの2人が生還することは想定されておりません。

研究者達はこの低温で被験者がどのように死ぬかを記録に残すべくカメラを回していたのです。

結果として、2人はもがき苦しんでお互いの体に爪をめり込ませて亡くなったそうです(フィルムは見つかりませんでした)。

その他にも、蒸留水だけで何日生きられるか、普通の水だけなら何日生きられるか…など致死に関する研究が多くなされたのです。

また中国本土に実際の細菌兵器などの試作品を使用したとも言われております。

撤退後の証拠隠滅

1945年8月8日、ソ連対日参戦により、731部隊を含む関東軍防疫給水部は日本本土への撤退を迫られることになりました。

この際、外国人を使って人体実験を行っていたなどという証拠が見つかってしまっては、マズいわけです。

そこで満州における人体実験の証拠隠滅は最優先事項とされ、被験者として収容されていた約40人もの人々に毒ガスを浴びせたそうです。この時、被験者の多くは毒ガスでは死に切れず、鋼鉄製のドアを叩いて苦悶の唸り声を上げたため、結局は銃殺されたといいます。

その後、被験者のご遺体は大きな穴に放り込まれ、ガソリンと重油を使って焼却されてしまいました。

731部隊はホルマリン漬けにされた生首・胴体・腕・脚・内臓などの大量の標本も作成・保有しておりましたので、それらも廃棄されました。その数は約1,000個以上にも上り、大きな穴に集められ、重油を使って焼却されました。

731部隊によって使用された、研究施設の多くは爆薬によって破壊されたそうです。

731部隊解散後

ハバロフスク裁判

ソ連によって行われた満州関係者への裁判「ハバロフスク裁判」において、当時731部隊のほとんどは撤退を済ませており、一部が他の部隊の捕虜と被告人になっただけでした。

その裁判中、ペストなどの細菌兵器を使用・人体を用いた実験などについて証言されたものの、重刑が課されることはありませんでした

厚遇

そして日本本土に帰った731部隊の元隊員たちは日本政府から厚遇を受け、ほとんどに国立大学の教授などの高ステータスなポジションが用意されたほか、当時の金額にして200万円という多額の金員が贈与されたとも言われております。

また、731部隊の親ともいえる「石井四郎」氏はアメリカに実験資料を渡すことと引き換えに、細菌戦エキスパートとして雇ってくれとオファーしたそうです。結果、アメリカとしても彼を歓迎。しばらく石井氏は細菌戦エキスパートとしてアメリカで働くことに…。

しかしその後石井は戦犯として裁判にかけられることを恐れ、自らを病気で死んだと偽り、財産を各地に分散させ雲隠れしてしまったそうです。

(2018年1月10日追記)

石井氏はアメリカから帰国後、新宿区で医院を開業し、近隣の住民を無償で診察・治療していたそうです。1959年に日本国内の病院でお亡くなりになっております。

2003年、石井氏が記したとされる「終戦メモ」なるノート2冊がジャーナリストの青木冨貴子氏によって発見されました。「終戦メモ」は太平洋戦争前から石井のお手伝いさんであった女性が守っていたそうです。

この内容は以下のURLをご覧ください。

731部隊隊長の「日記」初公開(TBS)  石井四郎隊長の直筆日記

これが果たして石井氏によるものなのか、具体的な記述のない部分はどのように解釈すればよいのかは誰にも知りえないのかもしれません。

日本政府の賠償

時は平成。

1997年8月11日、中華人民共和国の180人からなる原告団が日本政府に対し、第二次世界大戦中の731部隊がジュネーヴ議定書に違反する行為を行っていたとして、原告者一人につき各1,000万円の支払いを求める賠償請求訴訟を行いました(最高裁:731部隊細菌戦国家賠償請求訴訟)。

2007年5月9日、この訴訟は原告団側の敗訴が確定しております。

ただ、日本の最高裁判所は大日本帝国陸軍の731部隊を含む、関東軍防疫給水部が生物兵器の研究・開発を行っていたという事実については認めているのです。

まとめ

マッドサイエンティストによって開かれた学問。

<<表参道の石灯篭に染み込んだ戦争の跡>>

<<池袋「サンシャイン60」の「60」は死刑囚の人数>>

<<イギリス秘密情報部の「血液凍結実験」>>

<<「フィアデルフィア計画」ステルス実験での怪奇>>

ボーン

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大

『戦争捕虜で人体実験?日本軍の「731部隊」』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/01/10(水) 00:52:09 ID:7cf5d17e0 返信

    731部隊が人体実験をしていたというのはまったくのデタラメです。
    こちらをご覧になってください。
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2634.html

    • 名前:ポタリオン 投稿日:2018/01/10(水) 01:40:49 ID:97e5a6a21 返信

      >>1様

      お世話になります。コメント、貴重な情報ありがとうございます。
      リンク先を拝見させていただきました。
      弊記事では完全な事実であるように731部隊に関する都市伝説を記載してしまったこと、深くお詫び申し上げます。
      あくまで「そういう説もある」という書き方に変えさせていただきます。