『オホーツクに消ゆ』呪いのゲームカセット

Pocket

本エントリーは怖い話(?)を扱っております。ご注意ください。

皆様は、『オホーツクに消ゆ』というファミコン用の謎解きゲームをご存知でしょうか?

今回ご紹介するのはゲーム『オホーツクに消ゆ』にまつわる都市伝説。

『オホーツクに消ゆ』の登場人物に「まきこ」という女性が登場するのですが、

その「まきこ」が血の涙を流す

現象が起こるカセットが存在するというのです。

その『オホーツクに消ゆ』のカセットをプレイした人は、あまりにも気味が悪いということで、ゲーム情報誌としておなじみの『ファミ通』の編集部にそのカセットを郵送、調査を依頼したとのことなのですが…

今回は「呪われたオホーツクに消ゆ」に関する都市伝説をご紹介したく存じます。

スポンサーリンク
レクタングル大

『オホーツクに消ゆ(ファミコン版)』

まず『オホーツクに消ゆ』についてご存知でない方もいらっしゃるかと存じますので、概要からご紹介いたします。

『オホーツクに消ゆ』について既にご存知の方も確認という位置づけでお付き合いいただければ幸いです。

こちらでご紹介するのは、PCエンジンバージョンではなく、リメイクであるファミコン版の『オホーツクに消ゆ』でございます。

概要

タイトル:北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ

ジャンル:コマンド選択式アドベンチャー

発売元:アスキー

発売日:1987年6月27日

あらすじ

東京湾の晴海埠頭に身元不明の男性遺体が発見される。刑事である主人公は、部下の黒木刑事と共に捜査を開始した。

結果、遺体は北海道出身である事が判明。

さっそく事件の真相を追い、北海道へと飛んだ。

北海道では黒木刑事ではなく、釧路署の刑事である猿渡刑事と共に捜査を開始する。そして、第2、第3の事件が起こり、主人公達は事件の真相へと近づいていく。

(シナリオはドラゴンクエスト等で有名な堀井雄二氏によって書かれており、プレイ中のゲームへの没頭感はすごいです。)

ゲーム性

PCエンジン版の話になってしまいますが、実は『オホーツクに消ゆ』がADVでコマンド選択式を採用した初めての作品といわれています。

『オホーツクに消ゆ』のリメイクのファミコン版でもその方式が採用され、PCエンジン版と変わらないスムーズな操作性を実現しました。

ただ『オホーツクに消ゆ』の致命的な欠点としては、いくつか「選んでしまうと進行不能になるコマンド」があるということで、それについて、もしプレイなさる方はくれぐれもご注意ください。

ゲームの主な舞台は「オホーツク」とあるように北海道でございまして、『オホーツクに消ゆ』をプレイしていると自然と北海道の名所を知ることができるようにもなっています。

…なんでも『オホーツクに消ゆ』のゲーム開発スタッフの方々がどうしても北海道に会社の経費で行きたいという理由で無理やり北海道を舞台にしたという逸話もございます。

件の「まきこ」とは?

今回の都市伝説の中心人物である「まきこ」。

この登場人物は、主人公が北海道に行った際出会う女性の1人で、事件を解決するにあたって深く関係する人物です。

『オホーツクに消ゆ』にて、時に彼女自身も命を狙われることもあり、主人公達と行動を共にすることもございます。

主人公との愛は生まれないものの、『オホーツクに消ゆ』のヒロイン的存在であるまきこ。最終的には相棒の猿渡刑事と結婚したことを知らされます。

ちなみに、特に「血の涙を流す」という演出はないのです。

「迷宮物件’91」『ファミコン通信』

「呪いのオホーツクに消ゆ」については1991年9月13日に発刊された『ファミコン通信』にて紹介されました。

以下は「報告書DX 迷宮物件’91」というコーナーで紹介された5つの内容。

  • ファミコンプラス5000円…がスーパーファミコンに化ける!?
  • 新製品『スコアアップ』は効くのか!?
  • 桜玉吉先生は昔モデルだった??
  • 真紀子の両目から血の涙が!?
  • ゲームボーイを背中に今日も旅行くオス犬が1匹!!

他のタイトルも気になるかもしれませんが、今回は「真紀子の両目から血の涙が!?」を。

本誌抜粋

以下は上記の『ファミコン通信』の抜粋です。

右の写真を見てくれ。なーんの変てつもない、ただの中古ゲームソフト、『北海道連鎖殺人事件オホーツクに消ゆ』だ。

ついでに言うなら、恥ずかしながら小社謹製の ’87年6月発売、5,800円で消費税別。

これがどうしたのかってぇと……。

遅まきながら、最近ちょこちょことファミコンに凝り出した23歳のOLです。

私の街の教会で、月に1回バザーがあるんです。おいしいクッキーを売っているので、毎回顔を出しているのですが、この間はリサイクルのコーナーにゲームが置いてありました。

かなり安かったので、「しめしめ」とばかりにこのゲームを買ってきたのです。

ところがこのゲーム、どうも調子がヘン。パスワードを入れてもゲームが始まらなかったり、キャラクターの目の下に血のようなものが浮かんでいたり……。

なんだか持ってるのも怖くなっちゃったので、証拠の写真と一緒に送ります。

愛知県 まる子

右の小さいほうが、彼女から送られてきた写真。真紀子の目の下に、確かになにか赤いものが……。

送られてきたカートリッジでスタッフがゲームを始めてみた。

コマンドが実行されなかったり、首をかしげるできごとがいくつかあったが、決定的に奇怪だったのは、彼女が撮った写真と同じシーン。

アップの真紀子の目の下に、血のような赤いものがハッキリと見えているではないか!

しかも、それは明らかにその量を増やしている。このカートリッジに、いったいなにが起こっているのか!?

真実

実はこの「呪いのオホーツクに消ゆ」、ファミ通の編集さんが捏造した”やらせ”だったのです。そもそも企画自体が先に挙げた

  • ファミコンプラス5000円…がスーパーファミコンに化ける!?
  • 新製品『スコアアップ』は効くのか!?
  • 桜玉吉先生は昔モデルだった??
  • 真紀子の両目から血の涙が!?
  • ゲームボーイを背中に今日も旅行くオス犬が1匹!!

から”やらせ”を言い当てれば、抽選でプレゼントがもらえるという企画だったのです。ちなみに「呪いのオホーツクに消ゆ」以外も全て”やらせ”だったというオチ。

それにしても、

これ、嘘でも不気味ですね。

まとめ

そんなことより、バスタオルとれ!!

<<ゲームの都市伝説・裏設定まとめ>>

<<「生き人形」稲川淳二の最怖怪談>>

<<「すぐにけせ」?ゲーム『真・女神転生』の都市伝説>>

<<ジョジョの奇妙な予言?9・11を予言した漫画>>

<<『えりかとさとるの夢冒険』ファミコンゲームの怖い隠しメッセージ>>

ボーン

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大